FC2ブログ

TRY, FLY, WITHOUT CRY

High Fashion, High ART, High Music

freeareamenuentrycalendartopadmin

<<071234567891011121314151617181920212223242526272829303109>>

top

We Are Scientists / The Virgins

2008年08月28日[木曜日]Music
スポンサーサイト



メニュー
先日、全米チェーンの本屋"BORDERS"からCD全品40%OFFの割引券をいただいたので久しぶりにCDアルバムを買いました。
iTuneが普及してしまった現在、CDを買いに行くという行為を滅多にしなくなりましたね…
家でパソコンの前に座って視聴、ONE CLICKで購入、ついでにアートワークもダウンロード。
なんだかなぁ。
何か風情に欠けてませんか?
中学生や高校生のころに味わった、お金を握ってレコード店でひたすら視聴してお気に入りを探し回る。
そんなことを思い出しながら昨日はCDアルバムを探していました。

というわけで買ったアルバム。

We are scientists2
We Are Scientists/WITH LOVE AND SQUALOR

このバンド、メンバーのキャラクターがイマイチ掴めないのですが、よい曲作ります。
そしてなにより歌詞が素晴らしい。
バンドやアルバムのネーミングセンスもなにがなんだか『?』な魅力を感じます。

we are scientists1

このバンドのVo. & GuitarであるKeith Murrayの着こなし。
デニムはチープマンデー、それに茶色のローファーやシャツ+セーターなんてセンスあり。
そして髪型。
この髪型気になるんですよね。
いつか真似してやろう、なんて大それたことを考えています(笑

The virgins
The Virgins/The Virgins

日本でも話題沸騰中(?)なThe Virginsのデビューアルバム。
アートワークがテリー・リチャードソンとダン・コレンのコラボなんてオイシイアルバム。
しかも両面のポスター仕様なんてかなりお得。
音楽性は…率直な感想として『悪くない』かなという程度。
このアルバムの最後に収録されている"Love is Colder Than Death(愛は死よりも冷たい)"とタイトルを見てかなり萎えたのですが、結局一番それがよかったという…(苦笑
久しぶりにジャケ買いして失敗したときのような甘酸っぱい気分になりましたw

The Virgins2
やたらお洒落と騒がれているのですが、どちらかと言うとファッションも音楽もダサカワイイ感じがします。
一番左のボーカル(名前失念)の人が穿いているデニムはA.P.C.でしょうか。
ここまで色が落ちると渋いですw


We Are Scientists - Great Escape


The Virgins - Love is Colder than Death
スポンサーサイト



TB:0CM:0edit

† † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † †

Trip

2008年08月25日[月曜日]Other メニュー
夏休み最後の一週間を利用して、車で旅してきました。
行き先はグランドキャニオン。

現在住んでいるRenoという街から車を走らせて約9時間、Las Vegasを経由してさらに4時間半という長い道のり。

本当に車で荒野を走り抜き3日で往復というかなり過酷なスケジュールだったのですが大自然を目の当たりにして疲れなんか一気に吹き飛び、そして色々と心が洗われたような気がします。

日々の雑踏から抜け出して、大自然の中で思考を一時スットプさせる。
自分のしていること全てがちっぽけに思える一瞬でもある。
そしてゆっくりとその思考が戻ってくるとき、心の片隅が震え、何かが変わったような気がする。
目に見える変化ではない。
でも何かが変わった。
それは周りの友達の清々しい顔を見ればよく分かる。
これから忙しい日々がまた始まるけれど、この一瞬の心の震えを支えに頑張って行こう。

Grandcanyon
大きい写真→
grandcanyon2


その後グランドキャニオンの旅から戻るとすぐにサンフランシスコへ。
今年最初で最後の野外フェス。
サイドステージはBeck、そしてメインステージはRadioheadという豪華なラインナップ。

サンフランシスコ特有の霧に包まれながら、幻想的で爽快なショウをたっぷり堪能してきました。

outside lands festival1

outside lands festival2

radiohead - outside lands festival 8/22 @Golden Gate Park
1. 15 Step
2. Reckoner
3. Airbag
4. There There
5. All I Need
6. Nude
7. Talk Show Host
8. National Anthem
9. The Gloaming
10. Videotape
11. Weird Fishes/Arpeggi
12. Idioteque
13. Karma Police
14. Jigsaw Falling Into Place
15. Just
16. Exit Music (for a film)
17. Bodysnatchers

Encore:

18. Pyramid Song
19. You And Whose Army?
20. Paranoid Android
21. Fake Plastic Trees
22. Everything In Its Right Place

そして明日から新学期。
いつまで学生をしているのかは分かりませんが、深く考えても始まらない。
目の前にある課題を消化していくだけ。
充電は終わった。
これからの4ヶ月間はそのエネルギーを消費して使い切るまで走り抜くしかない。


Radiohead - Just


Radiohead - 15 steps



TB:0CM:5edit

† † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † †

ALBERT HAMMOND, Jr.

2008年08月14日[木曜日]Music メニュー
Albert1

ルームメイトがAlbert Hammond, Jr.の新善を購入したので早速iTuneに読み込ませてもらいました。
今回の2ndアルバムも1stと同様に抜群の安定感。
この聴いていて全く苦にならないところが素敵です。
というか、1stも2ndもどれも同じに聴こえます(笑
今回は打ち込みっぽい曲があったりと多少の変化は感じ取れますが、ベースラインはほぼ一緒。
だから逆に安心して聴いていられます。
このシャキシャキしたギターサウンドとは裏腹に眠気を誘う世界観は彼だけにしか出せない特殊な才能なのでしょう。
文句ナシの良作です。

個人的に7曲目の"Victory At Monterey"がお気に入り。

Albert2

相変わらずなオサレさん。
この人見ると無性にジャケットを着たくなりますね…


Albert Hammond, Jr.- In my Room


Albert Hammond, Jr - Victory at Monterey


Albert Hammond, Jr. - GfC
TB:0CM:0edit

† † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † †

Calvin Klein Boxer Brief

2008年08月11日[月曜日]Other メニュー
中学生の頃からボクサーブリーフ一筋です。

というわけで
CKBOXER
アメリカが誇る世界的ブランド、Calvin Kleinの定番中の定番であるボクサーブリーフを購入。

基本的に下着なんてどこの買っても変わらないんですが、何故かCKの下着は昔から高校生の憧れの的だった気がします(笑
制服腰穿きでウエストバンドのCKロゴがチラリ。
そこに色気を見いだし、女子高生はキャー(ハート)…なんてことがあったのか、なかったのかは今となっては知る由もなく。

当時、僕も密かに憧れていましたが、下着にあの値段はちょっと、っていうかグンゼで良くないか?なんて思っていました。

みんなが穿いているからという理由で当時から避けていたのですが、今回某アウトレットにて激安で見つけたので数枚購入(ちょうど下着の交換時期でもあったことだし)。穿いてみた感想としては、『ただのパンツ』です(笑
ウエストバンドのCKロゴが嬉しいような恥ずかしいような…
あとスキニーデニム穿いたときに大腿部のリブが少しばかりか目立たない気がします。
さすが天才Calvin Kleinが残した名言「全てはカッティングから始まる」の通りですね。
とは言ってみたものの、一体パンツ一枚で何が分かるのか…
まぁ冗談です(笑

今更ながら値段が安ければ、穿き心地、ネームバリューともに失敗のない下着だとは思いますよ。


CKのアンダーウエアと言ったらケイト・モス!

ケイト・モスと言ったら…

The Kills - Good Ones

TB:0CM:2edit

† † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † †

Tricker's

2008年08月07日[木曜日]OTHER SHOES メニュー
デニムが好きな人は革製品が好き=革製品が好きという人は必然的にデニムが好き、という法則があるのかは知りませんが、いやきっとあるのでしょう。まさしく僕がそう(笑

特に女の人に理解されない部分ではありますが、男の人は、自分で育てる楽しみとか、一生ものなどその手の謳い文句に相当弱い。
そして凝り性、コレクター癖なんかが付くともうまさに『質が悪い』。
これも僕です(笑
しかも革製品は高い。
とくに靴なんかは、良い物を手に入れようと思ったら、驚くほど値段がはるものものばかりで気軽に買おうなんて言えないのが現状です。
これまではとりあえずアジが出て、普段履けて、とそれなりの物で良かったのですが、ついに『歳が歳だしそろそろ一生ものを…』と思い立ってしまいました(汗
もうここまでくると重傷です。
やっぱり革靴はウイングチップが好き、イギリス製にはアメリカ製と違い独特な艶がある、なんて思いをはせているうちに欲しい物が明確になってきてしまいました。
どこかで自制しないととんでもないことになりそうです…

というわけで結局欲しくなってしまったのがTricker's。

Tricker's 1
是非生涯で履いてみたいと思う革靴はオールデン、チャーチ、そしてトリッカーズ。
オールデンはまだ手に入れるには早いかなと思います。
30代になってオン・オフの服装がはっきりしてから履きたいと昔から考えています。

チャーチのウイングチップもたしかに魅力的。
ですが今の服装にはちょっと違う。
そして新生チャーチのフォルムが好きになれないのも要因ですが…。
そういえば2ヶ月くらい前にチャーチのウイングチップが古着屋にありました。
値段$8くらいでかなりお買い得だったのですが、残念サイズが合わなかった…。

で、トリッカーズなわけです。
そう、トリッカーズの定番品カントリーブーツ。
ウイングチップのブーツタイプでそのぽってりとしたシルエットと細かいメダリオン。
甲から足首にかけてのシルエットがまさに秀逸。
細身な格好から太いパンツ、そしてオン・オフを問わない万能選手です。

これにスキニーデニム(ロールアップ二回折り)もしくはリーバイス66モデル(もちろんロールアップでミミ出し)フレペのポロシャツ、そしてバラクータを併せてカントリーモッズスタイルをしてみたい!と想像を膨らませております。
お値段800ドル超え。
無理です、買えませんよ、そんなの(苦笑
でもどこかで安いのがあるかも…と探してみると…ネットの海は広大です(笑
あります、ありましたよ。
セールで、しかも僕でも買える額のカントリーブーツが。

このまま、この物欲と呼ばれる熱意(?)が続けば、次回のバイト代はこれになること間違いありません。
Tricker's 2

サイドゴアブーツも魅力的。
メダリオンによる装飾がなんとも言えず色気があります。


機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 『メインテーマ』

今聴いても鳥肌が立ちます。
ガンダムシリーズ最高傑作。
アムロとシャアの激闘がこの音楽とともに甦ります。
ストーリーはもちろん、映像、音楽の出来もすばらしかった『逆襲のシャア』、もう二十年前ですか…。
TB:0CM:2edit

† † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † †

BARACUTA (FOUR CLIMES) G9 HARRINGTON JACKET

2008年08月04日[月曜日]BARACUTA メニュー
まだまだ暑い時期が続きますが、古着屋でこんなものを買いました。

G9 2

BARACUTA (FOUR CLIMES) G9 HARRINGTON JACKET

アメトラの代表格であり、伝統的な英国製品であるこのG9ジャケットは、もとを辿ればイギリス陸軍の支給用ブルゾン。
その優れた機能性を生かし、防水、防風処理をほどこしゴルフウェアとして開発されたのがこのBARACUTA GOLF JACKET MODEL 9(G-9)です。

かれこれ70年以上も前から親しまれている息の長いモデル。

G9 4

基本的なスペックは今更僕が説明する必要があまりないような気がしますが、折角なので一応紹介。
防風性を高めるために襟元、袖、そして裾に採用されたされたリブや動きやすいよう配慮がなされたラグランスリーブ、背中にはアンブレラカットという独特なヨークが施され雨滴をスムーズに流す役目があります。
また内側に施されたフレイザータータンチェックが英国の伝統をさりげなく主張していたりと細かい所にも抜かりなし。
さらに薄手な生地の割に暖かく、3シーズン着回される優れものだということも忘れてはいけません。

G9 1

現在、定番ラインのほとんどは台湾製となってしまいましたが、今回古着屋で見つけたこいつはイングランド製。
しかも珍しことに"MADE IN BRITISH CROWN COLONY OF HONG KONG"(英国領香港製)という文字がはいったタグがユニオンジャックの絵柄とともに縫い付けられています。
余談ですがBRITISH CROWN COLONY OF HONG KONGというのは1997年6月30日まで、つまり中国返還前までの香港の正式名称。
今までこのようなタグにはお目にかかったことがなかったので、一概に価値があるとは言えなのですが、よく考えれば『あぁ、なるほどな…』と。
植民地時代の名残りというか、別にこのような仕様があってもおかしくはないですね。
作られた年代は80年代くらいと推測しています。
ジッパーがOPTI社製なのも判断材料の一つ。(OPTI社製のジッパーはヨーロッパ圏で多く使われていた物で、特に80年代のフランスやヨーロッパ製のadidasジャージにはたいていこのジッパーが使われています。)
そして、BARACUTAという文字は一切なく、代わりに金色の刺繍でFOUR CLIMESとお馴染みの王冠、獅子、そしてBの文字が入ったメーカータグが付いています。
このFOUR CLIMESというネームはBARACUTAのアメリカ輸出の際に使われていた名義だということをご存知でしょうか?

このジャケットには珍しいタグがたくさん付いているので、見ていて飽きませんね(笑
大きい写真→

G9 3

さすがにスポーツ用として使用されていたらしく、袖などに多少の穴が開いているのですが、まだまだ綺麗で生地にも張りがあり、十分その丈夫さをアピールしています。

現在BARACUTAのラインップにはヴィンテージモデルといって現行のそれよりも少し細身に作られたモデルがありますが、こちらはリアルヴィンテージ。
やはり現行品に比べて、細身ですっきりした印象です。
サイズがLにも関わらず、多分現行品のMくらいのサイジングで袖や裾がもたつかないのはさすが。

スティーブン・マックイーンやジェームズ・ディーン、はたまたラモーンズやデビット・ボウイも愛用したG9ジャケット。
これこそ真の定番なのでしょう。

着こなしとしては、やはりブルックスやアイクベーハーなどのBDシャツにスラックス、そして足下はウイングチップなどがパリっとしていて良いかもしれません。
というかアメトラの基本ですかね(笑
最近はそんな型に捕われず自由な着こなしをするべきなのでしょう。
フレペのポロシャツにスキニーデニム、そしてコンバースなんてのもフレッピーでいいかも…とこれも定番ですか(笑
さらにさらにシャツ+ジップアップフーディーの上に軽く羽織る感じで爽やかに着こなそうかなと思います。
多くのセレクトショップが別注を手がけるのも、時代を超えて、様々な着こなしをこのジャケットを通じて楽しめるためだからなのでしょう。

ちなみに、BARACUTAは値段が高いことで知られていますが(現行で3万くらい、記念モデルに関しては7万超…)、言うまでもなく破格な値段で購入。
マクドナルドでセットを頼むくらいのお値段、いやそれよりも安いかも?(笑
つくずくアメリカに来て良かったなぁと思います。

もう一色(特に黒色)買い足そうかなと画策中、もう古着屋では巡り会えそうにないのでネットオークションでw


The Thomas Crown Affair

BARACUTAといえばスティーブン・マックイーンの『華麗なる賭け』。
1分56秒あたりでマックイーン流G9の着こなしを見ることができますw

そして…


Rebel Without A Cause Trailer

『理由なき反抗』のジェームズ・ディーンでしょう。
TB:0CM:0edit

† † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † †

Roll Up !

2008年08月04日[月曜日]OTHER SHOES メニュー
April77 With Vintage Dress Shoes

足下を軽く見せるためにはロールアップは欠かせない。
別に裾が長い訳ではありません。
足下に比重を置いて、お気に入りの靴下を見せる。
それもファッション。
そして、最大限の自己満足を(笑

デニムはApril77。
前回の記事にも書きましたが、ロールアップした時のバランスが素晴らしいデニムです。
その日の気分と靴によって、一回、もしくは二回裾を折って穿いています。

レザーのドレスシューズはネットオークションで手に入れたもの。
とりわけ価値のある物ではありませんが、革の質感と、トウのフォルムがかなりお気に入り。
靴下はH&M。
H&Mに立ち寄ったときに毎回必ず購入するのが靴下。
値段が安く、柄もかわいいものが多いためついつい買ってしまうんですよねw


The Last Shadow Puppets "The Age Of The Understatement"
Arctic Monkeysから比べると大分ダサい(笑
ただ何回も聴くうちに、これもありかも…と思ってしまう魅力があります。

そして撮影はモスクワですかね。
共産主義の名残りが映像から染み出ていますw
TB:0CM:0edit

† † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † †

Vintage Levi's

2008年08月01日[金曜日]Levi's メニュー
昔はあれだけ好きだったヴィンテージデニムやレプリカデニム、最近はめっきり穿かなくなりました。あの激しい縦落ちにくっきりしたアタリ…いつからかそれらがなぜだか許せなくなってしまったんですよね。なんだか股の周りの激しいヒゲのアタリを見ると気持ち悪くなります(笑

それに形がやはり流行ではないんですよ。
それも古着のアジなんですが、自分の服の趣味がだいぶ変化したせいもあって、あの泥臭い感じのファッションがもうできないんです。

なので最近は古着でもレディースやヨーロッパ物などなるべくタイトな作りの物を中心に集めています。

リーバイスも一時期に比べたらだいぶ興味が薄れてしまったのですが、唯一集めているものが70年~80年代初頭製のスタプレ。

Levi's Sta-Pre Big E

ブーツカットでポリエステル混のストレッチ素材。
ジャストサイズで穿いても、2~3インチオーバーで穿いてもなかなか様になります。
特に60年代後半から70年代頭までに生産されたBigE(写真手前)は秀逸。
生地も年代的にかそこまで化学繊維が含まれていないので、肌触りがすごく良く、さらに洗いこんだときのクタっとした感じが良いアジ出しています。

バックポケットに付属するタブがスモールeに変更された70年代、アメリカがヒッピー文化全盛の頃に作られたスタプレは股上が深く、タイトでフレアは広くポリエステルの混合率が上がったためか、かなりチクチクして足が痒くなるのですが、それはそれでまたアジがあってよかったりしますw

古いものでもうすでに生産されてから30年以上も経っているのに、一向にセンタープレスが消える気配すらありません。
さすが"NEVER NEEDS IRONING"。

ちなみに特に気に入っているBigEタブの物は、くるぶし丈でハイカットのオールスターに併せて穿いています。
気分は、そう、Strokesなわけですよ(笑


The Strokes - Alone, Together (Live)

というわけで、Strokes!
いつ復活するのやら…
TB:0CM:2edit

† † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † †


top

★★★★★★

■■■■■■■■■■■■■

Profile

Ko

Author:Ko
Suicide by putting a shotgun to my soul.

Archives


CATEGORY
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
☆☆☆☆☆☆
banner
Calendar
Search
TOTAL Pages 1
copyright © TRY, FLY, WITHOUT CRY. all rights reserved.
powered by FC2.
iiipc03siteblog_1 design by I.テンプレート更新状況をお伝えする画像のため削除しないでください