FC2ブログ

TRY, FLY, WITHOUT CRY

High Fashion, High ART, High Music

freeareamenuentrycalendartopadmin

<<0512345678910111213141516171819202122232425262728293007>>

top

Converse MY DRIVE THRU

2008年06月24日[火曜日]CONVERSE
スポンサーサイト



メニュー
Converse for BLOG3


Strokesのボーカル、Julianが復活。
しかもコンバースのウェブサイト上でSantogold、Pharrellとのコラボ。
Strokesが夏にアルバムを出す(らしい?)のでその足がかりに社会復帰でしょうか(笑
ちなみにJulian参加のMY DRIVE THRUはダウンロードできます。
曲は…Strokes好きとしてはガッカリな曲ですがw

Converse for BLOG2

今日古着屋で現行のオールスター(黒)を7ドルで買いました。
ほぼ新品。
80sはもったいないので、こっちはStrokesっぽくボロボロにして履こう。
ただヴィンテージに比べて、現行品は作りが綺麗…つまりアジがない。
なんかスマートでハンサム(私的にですが…)なんですよね。
ヴィンテージ特有の泥臭さがないというかなんといか(笑
エキストラステッチングもなしですし。
気にしているのは一部のマニアだけだとは思いますが。

全く違いが分からないよ、とは友達談w

Converse for BLOG4

こちらは今期の×BEAMES。
内側も革張りでかなり上品です。

Converse for BLOG5

こちらは少し前の×N.HOOLYWOOD。
物凄く欲しかった…がサイズないので断念。
あとお値段2万オーバーとコンバースの域を超えてます(笑

Converse for BLOG6

Converse for BLOG1

今シーズンの目玉?
NIRVANAの元ギタリスト、カート・コベインモデルだそう。
いや、普通に現行品汚したようにしか見えないのですが…(苦笑
カートというアイコンはいつまで使われ続けるのでしょか?
最も商業主義を嫌った男が、死んでから最も金を生み出すアーティストになってしまったのは皮肉なものです…

コンバースは、新品よりも自分で履き潰してボロボロになったころが一番格好よく見えます。
靴としての寿命は短くとも、最後の最後で一瞬だけ輝いてくれる、そんな靴だと思います。


Santogold, Julian C.(Strokes), Pharrell- MY DRIVE THRU
スポンサーサイト



TB:0CM:0edit

† † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † †

Members Only

2008年06月23日[月曜日]Members Only メニュー
members only black


80年代に大流行したMembers Onlyのブルゾン。
大流行しただけあって、別に古着市場では珍しい物ではないですし、値段もとりわけ高いわけではありません…が、妙に好きなんですよ。このブルゾン。
肩や脇はかなり広めで、無駄な装飾がじゃらじゃらしているのも80sっぽい。
肩につくアジャスタなど決して機能的ではないデザインや、実際はムダな脇のアクションプリーツ、リアルクローズという概念をすべてすっ飛ばした80年代の魅力が凝縮されています。
一言で表すならば、マイケル・ジャクソン的ブルゾン(笑
80sリバイバルになると必ず復活する珍しいブランドです(笑

members only white


ブラックとベージュの2色を所有してます。
オークションでも物は出回っているのですが、人気な色なだけにブラックはなかなか出ないのが現状。
一歩間違えるとさすがにオヤジっぽくなってしまいます、がその危うさ(?)もまた魅力かなぁとw
これらのブルゾンは夏場のクーラー対策に鞄にいつも入れて持ち歩いています。
ナイロン素材なので皺にならないし、高価な物じゃないからハードに扱える。
パンツ選びを間違えなければ、現在でも十分着回せるブルゾンです。

一枚5ドル(笑)


JACCS 由佳と和也篇 ad 1-6 +その後

懐かしのムラジュン。
元裏原のカリスマw
今でも好きです、この人は。


TB:0CM:0edit

† † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † †

BIRKENSTOCK Zurich

2008年06月18日[水曜日]BIRKENSTOCK メニュー
ZURICH


夏と言ったらサンダル履かなきゃ!…と毎年毎年思っているのにサンダルを履かない人です(笑

3年ほど前からBIRKENSTOCKのARIZONAは持っているんですけど、何故か履かない。
履いたとしてもコンビニやランドリーに行くときなどちょっとしたことでしか履いていませんでした。今年は頑張って履いてやろうと思い、昨日、今日で履いてみるとなんか革の裏に使われている化学繊維が合わないのか汗疹ののようなものが甲の部分に、しかもベルト状にでてしまい…
さらには微妙に靴擦れも。
多分これはベルトの締め付けが弱く、しっかり足にホールドしていないからでしょうか。

なので前から狙っていたZurich(チューリッヒ)を買いました。
質の良いスエードが甲全体をホールドしてくれるのでスニーカーのように歩きやすく、蒸れません。冬場はカラフルな厚手の靴下なんか併せたらかわいいかもしれませんね。

と書いていますが本当の所、カラーバリエーションが豊富で値段も安い『ギゼ』や『ラムゼス』を狙っていたのですが、サイズがない。鼻緒タイプのサンダルは42(US9-10)までの展開。何故???
44(US11-12)の僕にとっては所詮履きたくても履けないサンダルのようで…(苦笑

チューリッヒに併せるのならば、細めのパンツの裾を踝辺りまでロールアップ+BDシャツなんていいかも…っと思ったら別にビルケンじゃなくてもいっつもそんな格好でした(笑

ただ夏らしくサックスブルーのリーバイス(コーデュロイ)に爽やかな白いBDシャツや白いポロシャツなんていいかも。


Air-Alone in Kyoto (Live)

本当にこの人たちの音楽には癒されます。
ストレスが溜まっているときに聴くと、スーっと力が抜けていくのを感じます。
是非生で聴きたい。
TB:0CM:0edit

† † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † †

FRANK LLOYD WRIGHT に憧れて

2008年06月13日[金曜日]Other メニュー
今住んでいるところにある唯一のお洒落なミュージアム、Nevada Museum of Artにてアメリカを代表する建築家フランク・ロイド・ライトの展覧会に行ってきました。

FRANK

FRANK LLOYD WRIGHT

1800年代後半から1900年代頭にかけて数多くのモダニズム建築を残した巨匠。
プレイリースタイルを打ち出し、帝国ホテルのデザインを手がけたことで有名ですね。

なによりも建築家でありながら、自分の設計した家には自分でデザインした家具を使うというこだわりに惹かれます。

どちらかといえば今回の展覧会は家に関してよりも彼が生み出した家具やデザインした幾何学模様、そしてそれが施されたファブリック、ライトスクリーンが中心に集められていました。

FRANK_CH


FRANK_GEOMETRIC


家具が好きな人にとっては、もうね、天国です(笑
すべてが名作。
しかもほとんどがその家用に作られた一点もの。
オリジナルを見る機会なんて滅多にありませんからね。

もちろん彼の生み出した幾何学模様も超有名。
ちょうど僕が履修しているARTのクラスでも幾何学模様の勉強をしていたので、とりあえず飽きずに小一時間ほど眺めていました(笑

その他シャンデリアやフロアランプ(これも有名!)も多数展示していました。
家具はレプリカでいいから欲しい、と思っているのですが、悲しいかな彼がデザインした家でないとその魅力を十二分に発揮できないんですよね…。
フロアランプはどんな家にも相性は良さそうです。

お近くの人は是非…っているわけないかw


The Virgins - Rich Girls

ハニカムブロガーの恵比寿さんもオススメしていたThe Virgins。
やけにファッション誌NYLONで押していたなぁと思っていたんですが、NYではかなりヒットしてるみたい。
ジャケットはテリー・リチャードソンとダン・コレンのコラボなんだそうで。
確かaNYthingのウェブページでもビデオ流していたような。
このPVのネタは言うまでもなく。
まさしく伝説…でもさ、なんでNYのバンドがLAなんでしょうか?
TB:0CM:0edit

† † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † †

DESIGN is DEAD

2008年06月11日[水曜日]BOOK メニュー
HugE JULY 08


ちょっとしたつてで買ってきてもらいました。

HUgE No.046 July 08

日本のファッション誌の中では一番読み応えのある雑誌ですね。
ASAYAN時代から読んでいますが、ストリートに媚を売らなくなったし、決してコーディネートを提供しているわけではないのですが、その分プロダクト一つ一つを丁寧に説明してくれているし、カタログ的な写真としてはかなりこだわっていると思います。

いきなりOLIVER GOLDSMITH(!)のセルフレームを紹介する雑誌は他にはないかと(笑)
ファッションだけではなく、プロダクトやアート、そして特集すべてにおいて濃い内容となっています。

American Apparel T Shirts BLK


アメアパのTシャツ(ブラック3枚パック)を買いました。
日本でも流行っているんですかね?
アメリカのこんな片田舎でも、『お洒落だなぁ、あの人』と観察してみると、大抵アメアパの商品をなにかしら身につけているくらい浸透しています。

たしかにTシャツやパーカーはユニクロの方が上質で価格も安いのですが、何故か昔からアメアパのTシャツは体型がよく見える、不思議w
なんででしょ?

そして今では珍しいmade in USAもうれしいところ。

今年はプリントTを着るのをやめて、アメアパの無地Tシャツにジャケットを併せるスタイルでいこうかと思っています。


Albert Hammond Jr. - In Transit


Albert Hammond Jr. - Call An Ambulance

最近何故か妙にはまっているのがStrokesのギタリストAlbert Hammond Jr.のソロプロジェクト。なんだか切ない気分にしてくれます。
TB:0CM:0edit

† † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † †


top

★★★★★★

■■■■■■■■■■■■■

Profile

Ko

Author:Ko
Suicide by putting a shotgun to my soul.

Archives


CATEGORY
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
☆☆☆☆☆☆
banner
Calendar
Search
TOTAL Pages 1
copyright © TRY, FLY, WITHOUT CRY. all rights reserved.
powered by FC2.
iiipc03siteblog_1 design by I.テンプレート更新状況をお伝えする画像のため削除しないでください