FC2ブログ

TRY, FLY, WITHOUT CRY

High Fashion, High ART, High Music

freeareamenuentrycalendartopadmin

<<021234567891011121314151617181920212223242526272829303104>>

Epson R-D1xG

2009年03月04日[水曜日]Photo/Camera
スポンサーサイト



メニュー
Epson

From Excite.co.jp

「R-D1xG」オープンプライス 有効画素数/6.1メガピクセル 記録画像サイズ/CCD-RAW(12bit):3008×2000pixel、 JPEG:3008×2000pixel /2240×1488pixel ファイルサイズ/RAW:約10MB、JPEG(H):約3MB、JPEG(N):約1.5MB、 RAW+JPEG(H):約13MB ファインダー形式/実像距離計式等倍透視ファインダー レンズマウント/EMマウント(M型互換マウント、コシナ社製アダプターにより、Lマウントレンズも接続可)※装着レンズは別途購入が必要

Ricoh GRDとLumix LX3が高級コンデジでぶつかっている中、EpsonはR-D1のアップデート機を出してきました。
好きな人は好きでしょう。
まぁ僕もその一人ですが(笑)

ただ、スペック的には時代遅れなのが気になります…
そして値段が約30万。
どの層に投げ込んでいるのかが露骨に分かって嫌ですね…www
スポンサーサイト



TB:0CM:0edit

† † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † †

My Collections

2008年11月18日[火曜日]Photo/Camera メニュー
Cameras

カメラが好きで好きでたまらない。
そんなにたくさんあっても使い切れないし、フィルムカメラにいたってはデジタルの波に押しに押されて消え入る運命にある。
でも僕は彼らを愛さずにはいられない。

普段はNIKON D80、まさしくデジタル世代の申し子、デジタル一眼レフを使っている。
もちろんフォトショップとの相性と仕事のスピードが圧倒的に早く効率が良いからだ。
ただ古いフィルムカメラの魅力は、ローテク世代ののんびりとした、メロウな使い心地に他ならない。
レンズ、ボディ、そしてフィルムすべての相性で決まる写真。
プリントしてみるまでわからない楽しみ。
フィルムが一本終わりそれを巻き上げ、新しいものと交換する手順。
すべてがたまらなく愛しい。
さらに古いカメラに至ってはモノ、メカとしての魅力が十二分に詰まっている。
昔の金属や革の質感。
ストラップやレンズ周り、仕事の丁寧さなど今では味わうことができないヴィンテージとしての魅力をも持ち合わせている。

最近ではフォトショップにフィルムを取り込んで加工することが増えてきたが、できれば自分の手で写真をプリントしたいものだ。


現在愛用中のカメラたち。
右上:RICOH GR1s、言わずと知れた90年代の傑作高級銀塩コンパクトカメラ。
28mmという画描とGRレンズの描写力のすばらしい一品。サイズも小さめで持ち運びもかなり便利です。野外の撮影では大判カメラよりも写りが良いことがしばしば。ただ最近使いすぎたせいなのか調子が悪くオーバーホール待ちです。

右下:70年代の名品CONTAXのRTS。京セラのライセンス生産品で当時のフラッグシップ機。当時としては珍しくデザイン性を優先させた美しいボディ。なんとポルシェデザインです。このCONTAX、レンズがカール・ツァイス製とまさしく申し分ない写り。カメラとしての性能、モノとしての魅力、すべてを兼ね備えたカメラです…が見事にミラー下がりという症状が発生、現在は修理されるまでお休み中。

左上:これまたCONTAX製の139 Quartz。シャッター速度1/1000秒と上位機種に比べスペックダウンされているが、シャッター速度とタイマー動作がクォーツ制御化され精度が上がっている。またシャッター速度に無理がないのか耐久性は高く、携行性の良さから人気が高い一品。正直上位機種のRTSよりも性能は上なのでは…?

左下:YASHICA T4 WEATHERPROOF。高級銀塩コンパクトカメラなのですが、これは京セラの海外名義。そもそもはCONTAX T1~T3に代表されるレンズにゾナーを搭載した単焦点コンパクト機シリーズの一環。見た目はCONTAX名義のTシリーズと比べるとダサイのですが、フォーカス抜けしにくく、生活防水つきでかなり信頼性の高い機種。多分これだけあれば一眼レフはいらないかも?という性能です。軽いし非常に使いやすく常に鞄に忍ばせてあります。

この写真後ろのスクリーンに銀塩カメラを映して、自分がスクリーンの前に立ち、シャッタースピードを下げて撮影という非常にややこしいことをしているのですが、もちろん撮影に使ったカメラはNIKON D80。中級機種ですが、まぁ僕程度の腕前ならば十分すぎる性能です(笑


TB:0CM:0edit

† † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † †

Weekly Photo Session

2008年10月29日[水曜日]Photo/Camera メニュー
Elton3

Twotone Buttondown by Fred Perry, Vintage G9 Jacket by Barcuta, Vintage 505 Jeans by Levi's, Vintage Leather Shoes by Florsheim, Hat by Kangol, and Chair by Eames.


Elton2
I used Nikon D80 w/ Sunpak 333 Flash.

Check my flickr out!
http://www.flickr.com/photos/8948706@N05/


Making of Weekly Session
Filmed and edited by Sho.

TB:0CM:2edit

† † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † †

YASHICA T4

2008年09月01日[月曜日]Photo/Camera メニュー
yashica t4
今どうしても手に入れたいカメラ、YASHICA T4。
カールツァイス・レンズ搭載(!)の高級銀塩コンパクトカメラ全盛期(90年代)に登場したカメラです。
さらには生活防水も装備され、雨の日も安心して使えるのも魅力。
一応日本未発売モデル。
そもそもYASHICAは京セラの海外輸出用の名前であって日本国内ではKYOCERA T-Proofという名称で売られていました。(しかも黒色ボディは国内未発売)

現在スナップ写真はRICOH GR1sを使用しているのですが、なんせ28mmで広角なため人を一人で写すのにまったく向いていない。
見た目、性能、レンズの描写力には特に不満はない(というかこれ以上のクオリティーはそうそう見つからないというレベル)のですが、とりあえず人をメインにしたスナップ写真を撮ると、妙に寒々しくなってしまいます。

さらに愛用のGR1sのファインダーが割れてしまい、レンズにも多少の問題が…。
そうなるとGR1sをランドスケープ用に固定して、近距離撮影を他のカメラで…なんて思い始めていた矢先、CONTAX T3の写りを見て不覚にも恋に落ちてしまったんですよね(笑

ただCONTAX T3は未だに値が落ちないし、T2はフォーカス抜けしてあまり近くに寄れないという欠点が。
というわけで、同じ血を引くT4に照準を合わせた次第ですw

まぁ値段も程度の差こそあれ$100~$300の間。
なんとか手の届くところ。
最近は状態が良くて安いT4を血眼になって探す毎日を過ごしています(笑


Terry Richardson with Yashica T4

テリーさんも愛用している、というのは最近知ったのですが(遅すぎ?)、これを知るとさらにT4が欲しくなるという悪循環に陥っています…
TB:0CM:0edit

† † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † †

NikonとMask Men

2007年11月13日[火曜日]Photo/Camera追記の開閉 メニュー
新しい一眼レフが欲しくて欲しくてたまらない病に感染中…

x-700.jpg


今使っているMinolta X-700は確かに名品。
写りがよいというわけではなく、とりあえず使いやすいフルマニュアル。
ファインダー内の露出関係の表示が非常に見やすく、未だかつてこれ以上見やすいカメラは見たことがない。
…が結局はそれだけが取り柄のカメラでもある。
初心者には優しい(確かに当時は初心者だったw)が3年も使えばその写りに飽きがくるのもまた事実。

というわけでただいまNEXT一眼を物色中。

引っかかったのは…



TB:0CM:0edit

† † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † †

★★★★★★

■■■■■■■■■■■■■

Profile

Ko

Author:Ko
Suicide by putting a shotgun to my soul.

Archives


CATEGORY
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
☆☆☆☆☆☆
banner
Calendar
Search
TOTAL Pages 2
copyright © TRY, FLY, WITHOUT CRY. all rights reserved.
powered by FC2.
iiipc03siteblog_1 design by I.テンプレート更新状況をお伝えする画像のため削除しないでください