FC2ブログ

TRY, FLY, WITHOUT CRY

High Fashion, High ART, High Music

freeareamenuentrycalendartopadmin

<<1012345678910111213141516171819202122232425262728293012>>

top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

† † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † †

BARACUTA (FOUR CLIMES) G9 HARRINGTON JACKET

2008年08月04日[月曜日]BARACUTA
スポンサーサイト
メニュー
まだまだ暑い時期が続きますが、古着屋でこんなものを買いました。

G9 2

BARACUTA (FOUR CLIMES) G9 HARRINGTON JACKET

アメトラの代表格であり、伝統的な英国製品であるこのG9ジャケットは、もとを辿ればイギリス陸軍の支給用ブルゾン。
その優れた機能性を生かし、防水、防風処理をほどこしゴルフウェアとして開発されたのがこのBARACUTA GOLF JACKET MODEL 9(G-9)です。

かれこれ70年以上も前から親しまれている息の長いモデル。

G9 4

基本的なスペックは今更僕が説明する必要があまりないような気がしますが、折角なので一応紹介。
防風性を高めるために襟元、袖、そして裾に採用されたされたリブや動きやすいよう配慮がなされたラグランスリーブ、背中にはアンブレラカットという独特なヨークが施され雨滴をスムーズに流す役目があります。
また内側に施されたフレイザータータンチェックが英国の伝統をさりげなく主張していたりと細かい所にも抜かりなし。
さらに薄手な生地の割に暖かく、3シーズン着回される優れものだということも忘れてはいけません。

G9 1

現在、定番ラインのほとんどは台湾製となってしまいましたが、今回古着屋で見つけたこいつはイングランド製。
しかも珍しことに"MADE IN BRITISH CROWN COLONY OF HONG KONG"(英国領香港製)という文字がはいったタグがユニオンジャックの絵柄とともに縫い付けられています。
余談ですがBRITISH CROWN COLONY OF HONG KONGというのは1997年6月30日まで、つまり中国返還前までの香港の正式名称。
今までこのようなタグにはお目にかかったことがなかったので、一概に価値があるとは言えなのですが、よく考えれば『あぁ、なるほどな…』と。
植民地時代の名残りというか、別にこのような仕様があってもおかしくはないですね。
作られた年代は80年代くらいと推測しています。
ジッパーがOPTI社製なのも判断材料の一つ。(OPTI社製のジッパーはヨーロッパ圏で多く使われていた物で、特に80年代のフランスやヨーロッパ製のadidasジャージにはたいていこのジッパーが使われています。)
そして、BARACUTAという文字は一切なく、代わりに金色の刺繍でFOUR CLIMESとお馴染みの王冠、獅子、そしてBの文字が入ったメーカータグが付いています。
このFOUR CLIMESというネームはBARACUTAのアメリカ輸出の際に使われていた名義だということをご存知でしょうか?

このジャケットには珍しいタグがたくさん付いているので、見ていて飽きませんね(笑
大きい写真→

G9 3

さすがにスポーツ用として使用されていたらしく、袖などに多少の穴が開いているのですが、まだまだ綺麗で生地にも張りがあり、十分その丈夫さをアピールしています。

現在BARACUTAのラインップにはヴィンテージモデルといって現行のそれよりも少し細身に作られたモデルがありますが、こちらはリアルヴィンテージ。
やはり現行品に比べて、細身ですっきりした印象です。
サイズがLにも関わらず、多分現行品のMくらいのサイジングで袖や裾がもたつかないのはさすが。

スティーブン・マックイーンやジェームズ・ディーン、はたまたラモーンズやデビット・ボウイも愛用したG9ジャケット。
これこそ真の定番なのでしょう。

着こなしとしては、やはりブルックスやアイクベーハーなどのBDシャツにスラックス、そして足下はウイングチップなどがパリっとしていて良いかもしれません。
というかアメトラの基本ですかね(笑
最近はそんな型に捕われず自由な着こなしをするべきなのでしょう。
フレペのポロシャツにスキニーデニム、そしてコンバースなんてのもフレッピーでいいかも…とこれも定番ですか(笑
さらにさらにシャツ+ジップアップフーディーの上に軽く羽織る感じで爽やかに着こなそうかなと思います。
多くのセレクトショップが別注を手がけるのも、時代を超えて、様々な着こなしをこのジャケットを通じて楽しめるためだからなのでしょう。

ちなみに、BARACUTAは値段が高いことで知られていますが(現行で3万くらい、記念モデルに関しては7万超…)、言うまでもなく破格な値段で購入。
マクドナルドでセットを頼むくらいのお値段、いやそれよりも安いかも?(笑
つくずくアメリカに来て良かったなぁと思います。

もう一色(特に黒色)買い足そうかなと画策中、もう古着屋では巡り会えそうにないのでネットオークションでw


The Thomas Crown Affair

BARACUTAといえばスティーブン・マックイーンの『華麗なる賭け』。
1分56秒あたりでマックイーン流G9の着こなしを見ることができますw

そして…


Rebel Without A Cause Trailer

『理由なき反抗』のジェームズ・ディーンでしょう。
スポンサーサイト
TB:0CM:0edit

† † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † †

Baracuta G9

2007年02月17日[土曜日]BARACUTA追記の開閉 メニュー
baracuta_blog.jpg


もともと昔から流行物よりもベーシックな服が好き。

最近ではBarakutaのG9ジャケットが気になって、気になって…(笑)
TB:0CM:2edit

† † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † † †


top

★★★★★★

■■■■■■■■■■■■■

Profile

Ko

Author:Ko
Suicide by putting a shotgun to my soul.

Archives


CATEGORY
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
☆☆☆☆☆☆
banner
Calendar
Search
TOTAL Pages 1
copyright © TRY, FLY, WITHOUT CRY. all rights reserved.
powered by FC2.
iiipc03siteblog_1 design by I.テンプレート更新状況をお伝えする画像のため削除しないでください
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。